「gaiaの夜明け」

02.23

コメントは受け付けていません。

「ガイアの夜明け」はTV番組です。
中小企業の奮戦記のような番組だと思います。
あるいは、工夫と創作、あるいは研究に力を費やした勝ち組の報道番組と言えるかも知れなません。

石材業界における「ガイアの夜明け」を迎える企業はあるのだろうか。
議論が出来る体制にあるでしょうか。
議論が出来る社員は育っているでしょうか。

会議を見れば会社の状況や体質の全てが解るものです。
夢の域を出て居ないのか、空回りをしているのではないか、既成概念から抜け出すことが出来ないのではないか、業界や商品に素人のコンサルのマニュアルや著名人の理屈(本)に感動してはいないか、他力本願に景気の回復を待ってはいないか・・・

多くのチェックが必要のようです。
「学ぶべきは業界内に非ず」というのが、私が石材業界35年を通じて考えて来た視点でした。
石材業界は、設計、製造、企画、広宣、営業と全ての要素が満たされて初めて体を成す業種ということも出来ます。
特に墓石という商品は、その性格もどんどん変遷してきました。

いま何を考え、何に行き詰まっているのか。
タテマエや体裁では無く、本音の議論が求められています。
既に、モタモタしている猶予は無いところまで来ているのではないでしょうか。

思い切り語って見ませんか。

疑問と議論なきところに新しいものは決して生まれてはこないのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

冬虫夏草の力
ページ上部へ戻る