自社のビジョンを語れますか?

09.12

コメントは受け付けていません。

自社のビジョンを語れますか?
それとも、この先どうなるのだろうと思っていますか?
実は、この事が自分自身の未来を決める大きな分岐点になります。

物づくりにはコンセプトが不可欠であり、そのコンセプトが社会に認められて行く事が必要です。
そのためには、今日の社会に生じているニーズやウオンツを満たすために必要なものは何かということを検証し、それに対していかに答えて行くかという議論や検討からコンセプトを生みだしてゆく事が急務です。

そのコンセプト添って専門的な知識と歴史を物づくりの経験と技術に融合させ、意味を持った新しい形を生み出し提案して行くことが未来の形成に繋がって行きます。
もちろん、その為には内から外を見るでけではなく、同時に業界を取り巻く環境から見つめる事が不可欠です。
また、その接点には社会の情勢判断に必要な必要な情報や物作りにおけるコラボレーションが可能な部分が数多く存在しています。

そういった意味で、墓石業界は新しい一歩を踏み出すか時代の成り行きに甘んじて行くかの非常に大きな分岐点に居るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

冬虫夏草の力
ページ上部へ戻る