KNS・INS・TNS・FTN・・・

08.30

コメントは受け付けていません。

20130625-0000

これらは何の略でしょうか。
石材業界を一歩飛び出して、広い業界の人々との交流や連携を模索する場として推奨します。
そこは個人としての資格による参加で、チャレンジする人を隔てる壁は何もありません。
もちろん、同友会などのような入会金や年会金も必要ありません。
そういった場に自らが足を踏み入れて行く事によって、大学教授から事業主から学生に至るまで多くの接点を形成して行ける事でしょう。
それらの行動によって視点を変えた見方や客観性が養われて行くのだと思います。
昔はJC(青年商工会議所)やロータリー、ライオンズと言ったようなステイタス的団体が中心でした。
その中での人間関係を利害関係に結びつけていったのですが、日本の産業の基盤となる力を培って行く事には結びつきませんでした。
それに対して、底辺に位置する最前線の現場での原動力を生み出すために産官学民連携が生まれてきました。 経済が滞る中で政治には頼っていられない、有る意味、必然的に発生してきた要素が大きいと思います。

ぜひ、一度検索してみてください。

(写真はKNSの公式ページより拝借です)
20130815-8099

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

冬虫夏草の力
ページ上部へ戻る