お墓の地震対策

07.23

コメントは受け付けていません。

jisuberi240n

阪神大震災後の墓石業界においては、墓碑の耐震や免震といった工夫が採り入れられています。
しかし、一歩引いた土木的な見地から見ると非常に観点が狭く、気休めの範囲を出るものでは無いにも関わらず「これで地震も大丈夫だ」といった印象をお客様に与えているようにも思えます。それらの創意工夫を個々に検証することは営業妨害に当ることになってはよくないので差し控えますが、こと地震に関しては総合的な対策が求められます。つまり、確かな根拠と技術におけるお墓を建立するということには、まだまだ道のりが残されています。

裏を返せば、その分野においてもやれる事はいっぱいあるという事です。つまり、免震や耐震は構造物や積層物の設計や状態に応じて、使用する材料や方法が異なるのが普通です。それでは、どんな事に考慮した設計をすればいいのでしょうか。
私が十数年前から推奨している工法があります。こう書くと、非常に大そうな事のように思われますが、工事における経費増は請負総額に対して僅かなものです。
何よりも、教育レベル的に賢いお客様に対する説得力においても非常に大きな力となることでしょう。

2013.07.23

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

冬虫夏草の力
ページ上部へ戻る